節約時間日記

カテゴリ別記事
運営サイト
archives

10年前とこれからのアフィリエイト

今回は少し趣向を変えて、昔話をしようと思う。

僕がアフィリエイトというものをはじめた頃(約10年前)には、ブログというものは無かった。だから、アフィリエイトサイトの運営を行うには、ホームページの作り方を一から勉強するほかなかった。

初心者にとって、ゼロからのホームページ制作は、とんでもなく敷居が高く、当時はホームページ制作ソフト「ホームページビルダー」などを使い、試行錯誤の毎日だった。一方でメリットもあった。それは、ホームページ作成が難しいため、初心者の参入が少なく、競争率も低かったことだ。
今思えば、とても見られないような稚拙なつくりのホームページでも、月10万円以上稼ぐことは比較的容易に実現できた。ホームページを作りさえすれば、誰でもそれなりに稼げる時代だった。

あれから10年、今ではSeesaaやfc2などの無料ブログを使えばHTML文法を知らなくても、記事を書くだけで情報を発信することができる。これにより、ホームページ作成という、個人がアフィリエイトに参入する最大の障壁が無くなり、アフィリエイトという言葉も広く知られるようになった。そう、パソコンさえ使えれば、誰もが平等に機会を得ることができる時代になったのだ。

しかし、機会が平等になったからと言って、誰でもアフィリエイトで稼げるという訳ではない。例えば、同じ内容を発信する場合であっても、より相手が読みやすいよう(行間や余白を)調整したり、どこに何が配置されているかが分かりやすいホームページの構成(レイアウト)になっている方が競争に勝ちやすいだろうと考えられる。もちろん、イラストや写真を入れるのも良い。

念のため、付け加えておくと、ここであえて“競争に勝てる”と断言しなかったは、同じコンテンツのホームページがあったとき、見た目が優れていれば、それだけでより多くを稼げるわけでは無いからである。もし、見た目が劣るページが1,000人に見られたとき、見た目が優れたページは1回しか見られないのでは、アフィリエイト報酬の発生機会に大きな違いがあるからだ。

アフィリエイトは、より多くの人に広告のあるページを見てもらうことがスタート地点。そこから、いかにクリックしてもらうか、注文してもらうかにかかっている。ボタンの色は緑色がいいとか、レビュー記事でデメリットを言ったうえでメリットを強く言うとか、その手法は様々。自身のホームページのデザイン、方向性にあったものを取り入れるか、他者のホームページで気に入ったものがあったら、その構成を参考にして、再構築(または新規作成)してみると良いだろう。

初心者がアフィリエイトを始める場合、ブログではじめることが多いと思われるが、その場合、読み応えのある記事を写真付きで投稿し続けることが成功の秘訣だ。なぜなら、良質な記事(面白さを追求したものでも良い)は、他ホームページからリンクを貼られたり、つぶやかれたりしやすい。また、写真を使うことで画像検索からもヒットし、たくさんの人に見てもらえる機会を得ることができ、それらが結果的に成果にも結び付くからだ。



コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2013/06/17 11:36 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2013/06/17 2:04 PM
コメントする